僕らが知らなかったものづくりの世界・技美術館 Waza-Museum 長野県職業能力開発協会技能振興センター

ものづくりフェア2017が開催されました

2017.11.17 [お知らせ]

親子で一緒につくる木の小椅子

職人から丁寧に教えてもらいながら挑戦

人気で順番待ちの建設機械の試乗体験

ものづくりの楽しさや大切さを体験できるイベント「ものづくりフェア 長野2017」が11月3日に長野県松本技術専門校ふれあい技能センター(松本市)で開催されました。

すっきりと晴れ渡った天気の中、多くの親子連れで賑わいました。

「木の小椅子作り」「プラいたペンダント作り」「ミニ畳作り」などのものづくりコーナーのほか、「組子細工体験」「建設機械の試乗体験」や職人の技を間近で見られる「フラワーアレンジメント」「板金による折鶴・かぶと作り」の実演も行われました。

身近にありながら、どんな技でどうやって作られているのか知らないのは子供も大人も同じ様子。各コーナーでは親子が一緒に熱中し、試行錯誤しながらものづくりを楽しんでいました。
講師となる職人も自分たちの仕事や技を楽しそうに教えていました。

中庭では飲食コーナーも設けられ、お腹を満たしながら様々なコーナーを巡っていました。

子供たちが、自分で作った作品を大事そうに抱え笑顔で会場を後にする姿が印象的でした。

  • 技能五輪・アビリンピック
  • 技能検定
  • ワザビとは?