僕らが知らなかったものづくりの世界・技美術館 Waza-Museum 長野県職業能力開発協会技能振興センター

Pick Up!

「ものづくりフェア長野2017」を開催します!!!

2017.10.16

「ものづくりフェア長野2017」を開催します!!! 日時は平成29年11月3日(金) 会場は、松本市の長野県松本技術専門校ふれあい技能センターとなっています。 詳しくは↓↓↓をご覧ください。 2017monodukuri-fair(PDFファイル) 問い合わせ先:長野県職業能力開発協会技能振興センター ℡026-234-9050 お子さんを連れて、是非遊びに来てください!!!

続きを見る

Pick Up!

「信州 匠の時計修理士検定」が「地域発!いいもの」に選定されました!!!

2017.09.26

 長野県時計宝飾眼鏡商業協同組合が行う「信州 匠の時計修理士検定」が、厚生労働省から委託を受けた中央職業能力開発協会が実施する「地域発!いいもの」事業で、「地域発!いいもの」として選定されました。  本事業は、地域で行われているものづくり産業振興、技能者育成等に資する特色ある取組や制度を「地域発!いいもの」として選定し、広く国民へ周知することにより、地域における技能振興や技能尊重の気運をさらに高め、ひいては地域の活性化を図ることを目的としています。  長野県時計宝飾眼鏡商業協同組合では機械式腕時計の修理技能者が激減するなか、「信州 匠の時計修理士検定」をとおして、独自に技能評価試験等を実施し、高度な修理技能者を育成する取組を行っています。また、「信州 匠の時計修理士」の1級技能者が精度調整し組み立てる組合オリジナルの機械式腕時計「TAKUMiSM Shinshu(タクミズム信州)」を製造・

続きを見る

Pick Up!

技能伝承に取り組む企業の事例発表及び意見交換会を行いました!!

2017.09.22

去る平成29年9月14日(木)13:30から、主として空調、給排水設備工事、土木工事を手掛ける建設業のルピナ中部工業株式会社に発表して頂き、その後製造業、建設業の4社を交えて意見交換を行いました。 事例発表概要  初めは新人を入れると時間が取られるといった社内の反発があったが、若い人を育成すること、若い人と 一緒にやって行くことで会社は活性化するという信念で、強引に入れた。その後若い人が一生懸命にやり、 彼らが育つことで、ベテラン社員も「自分も一緒に成長した」という様になり、社内の理解も得られ継続して職場体験受入、学校訪問による新卒者の積極的採用を図っている。  新人にいきなり多くの教育を詰め込むと、早く現場で会社の役に立つ仕事をしたいということで反発もあり「ものづくりマイスター制度」、職業訓練校の活用等により、ゆっくりと時間をかけて育成を図る様心がけている。特に、忙しいからといって計画し

続きを見る

お知らせ

技能五輪国際大会出場選手が阿部知事を表敬訪問

2017.09.12

2017年10月14日(土)から19日(木)にUAE(アラブ首長国連邦)の首都アブダビで開催される「第44回技能五輪国際大会」に出場する長野県の4選手が県庁を訪れ、阿部知事を表敬訪問しました。 技能五輪国際大会は、正式には国際技能競技大会(World Skills Competition)といい、2年に1度開催される若年層技能者のチャンピオンを決める国際大会。51職種の競技が行われ、58か国から1300名ほどの選手が参加予定です。 県内から出場する選手は、「印刷」職種の早瀬真夏さん(亜細亜印刷株式会社)、「ウェブデザイン」の佐野梓さん(セイコーエプソン株式会社)、「冷凍空調技術」の菅沼幸希さん(オリオン機械株式会社)、「プラスティック金型」の宮坂逸仁さん(セイコーエプソン株式会社)の4名。 阿部知事は「それぞれの分野で全力で取り組んだ結果が今日です。本番も平常心で自信を持って取り組んで、国

続きを見る

  • 技能五輪・アビリンピック
  • 技能検定
  • ワザビとは?