僕らが知らなかったものづくりの世界・技美術館 Waza-Museum 長野県職業能力開発協会技能振興センター

技能五輪・技能競技

第56回技能五輪全国大会の入賞者が県庁を表敬訪問

2018.12.7

今年11月に沖縄で開催された第56回技能五輪全国大会で入賞した長野県選手17名が、県庁を表敬訪問しました。 長野県勢は金賞1名、銀賞8名、銅賞4名、敢闘賞4名の大健闘を果たし、長野県選手団は中央職業能力開発協会会長賞(特別賞)も獲得。長野県のものづくりの力を全国にアピールしてきました。 太田副知事は「ものづくりのこれからには様々な課題もあるが、青年技能者の活躍が大きな励みになる。これからもさらに技を磨き、技能の素晴らしさを伝えていって欲しい」と選手たちを労いました。 金賞に輝いた、冷凍空調技職種の北澤未鈴さん(オリオン機械)は、2019年にロシアで開催される技能五輪国際大会の切符を獲得。大会を振り返り「昨年は銅賞で、今年はそれ以上を狙っていたのでプレッシャーも大きかった。金賞受賞は予想以上で驚いたが長野に戻ってから実感が湧いてきた。次は世界大会なので、より一層がんばりたい」と抱負を語りまし

続きを見る

技能五輪・技能競技

技能五輪&アビリンピック結団式が行われました

2018.10.12

青年技能者が全国から集まり、培った技術を競う「第56回技能五輪全国大会」「第38回アビリンピック」に出場する長野県選手団の結団式が、10月11日に長野県庁(長野市)の講堂で行われました。技能五輪選手団は15職種40名、アビリンピック選手団は9種目9名の総勢49名の選手団です。 太田副知事からの激励の後、技能五輪選手団の主将を務める木下選手(株式会社NEXAS)は代表のあいさつで「嬉しいこと、辛いことがある訓練の中で一歩ずつ成長してきた。長野県代表としての誇りと感謝の気持ちを持って精一杯取り組み、長野県のものづくり力のアピールをしてきたい」と語りました。 アビリンピック選手団の横内主将(エプソンミズベ株式会社)は「職場や学校、家族に支えられながらここまで来た。期待に応えられるように精一杯がんばる」と抱負を語りました。

続きを見る

技能五輪・技能競技

「第55回技能五輪全国大会」取材レポート

2017.12.25

平成29年11月24日から27日までの4日間、栃木県で「第55回技能五輪全国大会」が行われました。技能五輪は、23歳以下の青年技能者が、それぞれの分野で培ってきた技を競う大会です。本大会では全国から1,340名の選手が集結し、42職種において日本一の技能者が競い合いました。 宇都宮市のマロニエプラザをメイン会場に小山市、那須塩原市、氏家町、下野市、上三川町の計17会場で開催されました。来場した応援団や地元の観覧者は選手たちの真剣勝負を熱い視線で見守りながら、丁寧かつ大胆な仕事ぶりに感嘆の声を漏らしていました。 長野県からは、20職種で53名の選手が参加し、金賞3つ、銀賞5つ、銅賞5つ、敢闘賞6つという好成績を収めました。長野県選手団としても優秀技能選手団賞(厚生労働省人材開発統括官賞)が授与されました。 長野県勢が金賞に輝いたのは「時計修理」「冷凍空調技術」「精密機器組立て」の3職種。とく

続きを見る

技能五輪・技能競技

第55回技能五輪全国大会の結果一覧

2017.11.28

全国の青年技能者が栃木県に集結し、様々な職種の技術レベル競う 「第55回技能五輪全国大会」が11月24日から27日にかけて、栃木県の宇都宮市、小山市、那須塩原市、氏家町、下野市、上三川町の計17会場で開催されました。 今大会では、全42職種の競技に全国から1,340名の選手が集結しました。日々の特訓の成果を発揮し、日本一を目指す真剣勝負が繰り広げられました。 長野県は、金賞3名を含む19名が入賞という好成績を収め、長野県選手団には、優秀技能選手団賞(厚生労働省人材開発統括官賞)が授与されました。 -長野県選手団の入賞者一覧- **【金賞】** 精密機器組立て 井上優太(セイコーエプソン(株)) 冷凍空調技術 岡田進也(オリオン精工(株)) 時計修理 平谷朱菜(セイコーエプソン(株)) **【銀賞】** 西洋料理 寺嶋美香((学)石坂学園 長野調理製菓専門学校) 造園 降幡好華((有)信州緑

続きを見る

  • 技能五輪・アビリンピック
  • 技能検定
  • ワザビとは?