僕らが知らなかったものづくりの世界・技美術館 Waza-Museum 長野県職業能力開発協会技能振興センター

Pick Up!

第59回技能五輪全国大会「電気溶接職種」長野県予選会開催のお知らせ

2021.01.28

第59回技能五輪全国大会「電気溶接職種」長野県予選会 受付期間 令和3年2月1日(月)~2月12日(金)※当日消印有効 実施日時 令和3年2月26日(金) 午前10時~ 競技職種 「被覆アーク溶接」 「マグ溶接」 (2種目)   募集要項はこちら 第59回技能五輪全国大会「電気溶接職種」長野県予選会 参加申込書はこちら 第59回技能五輪全国大会予選会 参加申込書   予選会に関する問合せ先 長野県職業能力開発協会 技能振興センター(担当:戸田・深尾) TEL 026-234-9080  FAX 026-234-9280

続きを見る

お知らせ

第58回技能五輪全国大会入賞選手が県庁を表敬訪問

2020.12.24

2020年11月13日(金)から16日(月)に愛知県で開催された第58回技能五輪全国大会の入賞選手16名が、県庁を表敬訪問しました。長野県勢は前回大会を上回る金賞1名、銀賞3名、銅賞4名、敢闘賞8名の計16名が入賞。選手団も、中央職業能力開発協会会長賞を受賞するなど好成績を収めました。 太田副知事は、コロナ対応で無観客大会という異例の雰囲気の中、立派な成績を収めました選手たちにお祝いの言葉を伝えました。また「長野県では新型コロナウイルスだけでなく、少子化により産業を支える技術や人材が少なくなっている。こうした皆様の活躍は若い人の励みになっている」と選手たちを労いました。 副知事と選手との歓談では時計修理で金賞を受賞した後藤さんが「初めての大会で緊張した。しかし当日は結果を気にせず集中することができた」と語りました。他の選手も「緊張やコロナ対策でのマスクの息苦しさもあるが、いざ本番になると練

続きを見る

お知らせ

第58回技能五輪全国大会・第40回アビリンピックの結団式が行われました

2020.10.22

2020年の11月に愛知県で開催される「第58回技能五輪全国大会・第36回アビリンピック」に出場する長野県選手団の結団式が、10月14日に長野福祉保健事務所で行われました。 今年の技能五輪選手団は13職種32名、アビリンピック選手団は5種目5名の総勢37名で構成されます。 結団式冒頭のあいさつで水本副会長(長野県職業能力開発協会)は「コロナ感染防止と体調管理をして、訓練の成果を発揮して欲しい」と語りました。 太田副知事は「コロナ禍で激しい変化の時代に突入している。次世代を担う力が地域の支えとなる。体調を万全にして競技に臨んで欲しい」と激励しました。 技能五輪選手団の主将を務める高橋龍世さん(オリオン機械株式会社)の選手代表あいさつでは「昨年の台風19号による甚大な被害、今年のコロナによる大きな影響があったが大会に参加できる機会をつくってくれた関係者に感謝したい」と述べるとともに「大会では培

続きを見る

技能五輪・技能競技

第56回技能五輪全国大会の入賞者が県庁を表敬訪問

2018.12.7

今年11月に沖縄で開催された第56回技能五輪全国大会で入賞した長野県選手17名が、県庁を表敬訪問しました。 長野県勢は金賞1名、銀賞8名、銅賞4名、敢闘賞4名の大健闘を果たし、長野県選手団は中央職業能力開発協会会長賞(特別賞)も獲得。長野県のものづくりの力を全国にアピールしてきました。 太田副知事は「ものづくりのこれからには様々な課題もあるが、青年技能者の活躍が大きな励みになる。これからもさらに技を磨き、技能の素晴らしさを伝えていって欲しい」と選手たちを労いました。 金賞に輝いた、冷凍空調技職種の北澤未鈴さん(オリオン機械)は、2019年にロシアで開催される技能五輪国際大会の切符を獲得。大会を振り返り「昨年は銅賞で、今年はそれ以上を狙っていたのでプレッシャーも大きかった。金賞受賞は予想以上で驚いたが長野に戻ってから実感が湧いてきた。次は世界大会なので、より一層がんばりたい」と抱負を語りまし

続きを見る

  • 技能五輪・アビリンピック
  • 技能検定
  • ワザビとは?