僕らが知らなかったものづくりの世界・技美術館 Waza-Museum 長野県職業能力開発協会技能振興センター

たてる

たてる

わたしたちの暮らしに欠かせない、家族みんなが安心して暮らす家や普段遊んでいる公園を造る仕事があります。そうした仕事では、ただ単に住み心地や快適性、見た目の美しさだけでなく、街の景観をつくる役割についても考えなければなりません。ここでは、生活空間と街をつくる仕事について解説します。

主な職種

建築大工
木を使って家を建て、日本の伝統的な木造建築を支える仕事です。材料の木材を切ったり、穴をあけたり、削ったりして図面の寸法に合わせ、家の形になるように組み立てていきます。図面の読み方や材料の仕入れについても詳しくなければならず、なかには設計や工事の管理など、家を建てる仕事全体を受け持つ人もいます。
造園
庭木一本から都市の環境開発までかかわる仕事です。整地をして樹木を植えることで個人宅の庭園や公園を造ったり、植生を復元したり、木の切りそろえなどの維持管理なども行います。自然を相手にし、幅広い知識や技術が必要になります。
かわらぶき
陶器製(粘土瓦)や石瓦、セメント瓦、金属製(銅瓦など)のものを用いた、全世界で行われている瓦を使って屋根を仕上げる仕事です。現場状況に応じて現場加工が必要なので、瓦の素材を熟知したプロフェッショナルな技術が必要とされます。 特に伝統の和瓦では高度な施工技術が求められます。
とび
建設業で、高いところでの作業を専門とします。基礎工事や簡単な間知石積などを行い、 高所を華麗に動き回る事から建築現場の職人の間では「現場の華」と言われています。いつも危険と隣り合わせな上に鉄骨などの重い荷物を担ぐ筋力も必要になります。
畳製作
現在はさまざまな新素材畳材料が使われ、畳を縫うのも機械化が進んでいますが、昔ながらの技法といえばやはり手縫いです。また、昔は建設現場で加工をしていたため、寸法が違ってうまく収まらなくても現場で寸法を修正することができました。しかし今は工場で畳を加工するので、現場での修正がきかず、厳密な採寸とミリ単位の正確な加工が必要となっています。
タイル張り
建物の外壁や床、浴室など、住宅を中心に、ビルや店舗、歩道や駅のプラットホームといったさまざまな場所にタイルを張る仕事です。設計図に従い、接着剤などを使ってタイルを張り、目地塗の作業を行って、床や柱、へいなどの表面を仕上げます。タイルは汚れが目立たない上に風化しにくいので、多くの建物に使われています。建物の仕上がりの美しさを左右するため、デザインセンスも求められる仕事です。
左官
建物の壁や床、土塀などを、コテを使って塗り仕上げる仕事です。主な仕事場は木造の一軒屋やマンション、ビルなどの建設現場。ペンキやタイルの下地塗りをはじめ、コンクリートの土間打ち、階段の仕上げ塗りまで、さまざまな業務があり、重いセメントをかついだり、長時間コテを使い続ける体力が必要です。また、ツルツルに仕上げたりコテ跡で模様を付けるなど、高い技術と芸術的なセンスも求められます。
表装
和紙や木材などを使って、絵や書などの作品を掛軸や屏風・和額に仕立てたり、それらの古くなったものを仕立て直す仕事です。また障子やふすまなどの和室の内装や装飾物も製作、修理します。どの作業も非常に複雑で、経験と熟練した腕が必要になります。そして貴重な美術品を扱うこともあるため、常に細心の注意が必要で、美術に関する知識や材料、形式、配色のセンスも不可欠です。
内装仕上げ施工
建物の天井や床、壁、カーテンなどの内装を仕上げる工事をします。内装は建物の内部空間を快適な場に仕上げる最終工程で、建物のでき栄えを決める大きな役割があります。使われる材料は寸法やデザイン、色調などによってさまざまで、施工技術に加え美的センスも求められます。
石材施工
さまざまな岩石を採石場から切り出し、独自の手法を用いて彫刻したり、研磨やつやだしなどを行って、墓石や灯ろう、石碑や建築材料などを制作する仕事です。石製品の美しさや石積みの頑丈さは、住宅や公園、ビル、和風伝統建築などにも欠かせません。しかし、石材は重いので、それを動かす体力とケガを防ぐための注意力が必要です。また1つひとつ異なる石の表情を活かす技量や感性が求められます。
さく井
地下水や観測のための井戸、温泉井、天然ガス採掘のための井戸などを掘る仕事です。さく井工事には、人力によるものとさく井機によるものに分かれますが、これらについての知識や技能が求められるとともに、急なハプニングに対しても慌てずに冷静に対処できる判断力が必要です。
型枠施工
建築構造物の基礎や柱などにコンクリートを流し込むための型枠を作る仕事です。鉄筋造の建物の耐震性や耐久性は、躯体コンクリートの精度で大きく左右され、ミリ単位の誤差も許されません。また気温・湿度によって固まる時間が違うコンクリートの変化を見極め、臨機応変な工程管理をしながら、決められた工期に納めることが求められます。
鉄筋施工
ビルやマンションなどの建築物や橋梁、トンネル、高速道路などの構造物など、コンクリートで覆われたものの骨組みのとなる鉄筋を網目状に組む仕事です。図面から、使用する鉄筋の種類・数量を読み出し、工場内で鋼材を切断し、曲げ加工をしてから工事現場に運び、図面に従ってチエの輪のように組み上げます。組み上げられた鉄筋は、建築物が完成したときには外からは見えません。それだけにしっかりとした確実な仕事が求められます。
建築板金
薄い金属板を使用して、屋根や外壁、雨といや、厨房用金物、ダクト、天蓋、排気筒や内壁、工芸品などを作り、建築物の所定の場所に取り付ける仕事です。使用する金属板の特性を知り、その特色を生かして加工する高度な技能が必要になります。
  • 01 家を建てる仕事
  • 02 庭を造る仕事
  • 03 どうしたらなれるの?
  • 技能五輪・アビリンピック
  • 技能検定
  • ワザビとは?