僕らが知らなかったものづくりの世界・技美術館 Waza-Museum 長野県職業能力開発協会技能振興センター

ものづくりマイスター制度活用事例

10 電気機器組立て 企業の事例

基礎からきちんと学べる場をつくりたい

精密部品・システム製品の開発を手がける広田製作所様は、時代とともに変化するお客様のニーズに応えてきました。今後さらに多様化していくであろうニーズに対応するために、基礎からしっかり学べる機会をつくり、社員の技術をベースからしっかり磨いていきたいとの要請があり、清水忠男マイスターが企業を訪れ、全8回の講習を開きました。

-実技指導概要-
日程/8日(合計24時間)
要請団体/株式会社広田製作所
内容/電気機器組立て(配電盤・制御盤)
指導者/清水忠男ものづくりマイスター

講習の模様

配電盤・制御盤は産業機械を動かすための基本的な動力回路です。全8回の講座の前半では、配電盤・制御盤製作に必要な基礎知識を座学で学び、後半は実際に組立て作業を行います。現場の作業や独学だけでは学ぶことが難しい、(一社)日本電機工業会の規格に基づいた知識と技術を基礎からしっかりと指導します。

マイスターから一言

配電盤・制御盤の組立は、決められた規格で製作できるかどうかに尽きます。それらは基本的な知識や技能ですが、知らない技術者もいますし、教えられる人も少ないのが現状です。基本技能が高ければ技術レベルを認めてもらえ、信頼も高まります。手を動かし、経験を積み、自分の技能として習得して欲しいです。

清水忠男ものづくりマイスター

要請団体様より

受け入れ担当者

これまで定期的な研修を社内で講習会をすることはありませんでしたが、きちんと時間をつくって社員全体のスキルを上げたいと思い、ものづくりマイスター制度を利用しました。業務の幅を広げていくうえで、必要とする技術に応じて講座を設定できることもメリットに感じています。将来的には技能検定を受験できるところまで技術を高められたらと思っています。

受講生

日々の仕事だけだと、その仕事に必要な知識をばかりを学んでしまいます。特に社会人になってからは、本当の基本を学ぶ機会は少なくなっています。だからこそ、すべての礎となるような基礎知識と技能を学べる講習は貴重な機会でうれしく思っています。

関連情報

9 建築板金 団体の事例

意欲ある若い職人のスキルアップを応援

長野県板金工業組合長野支部の青年部は、若手職人同士で技術向上ができる講習会を自主的に毎年開催しています。全6回の講座を通してマイスターから実技指導を受けられることや、費用補助もあることからマイスター派遣制度を利用しました。講習は、意欲のある若手を応援したいという思いから、組合副理事長でもある渡邊美一マイスターが行いました。

-実技指導概要-
日程/6日(合計18時間)
要請団体/長野県板金工業組合長野支部青年部
内容/建築板金
指導者/渡邊美一ものづくりマイスター

講習の模様

板金加工の現場では機械作業が多くなり、手作業による加工を学ぶ機会が減ってきています。それでも、細かい部分は手による加工が必要不可欠です。全6回の講座では板金加工の基本となる「折り曲げ」「はぜ組み」「はんだ付け」「包み」などの技法を使い、塵取りやバケツ、鶴、兜を作成し、加工技術を磨きます。

マイスターから一言

板金加工の職人はだんだんと少なくなっています。手仕事も減っているなかで、自主的に技術を高めようと頑張る若い職人のために何とか力になりたいと思っています。技術を覚えれば、さらにものづくりが面白くなり、仕事の魅力も感じることができます。また、マイスターの派遣要請は小学校からもあります。マイスター派遣制度が子供たちにものづくりの面白さ、板金の世界を知ってもらえるきっかけになればうれしいです。

渡邊美一ものづくりマイスター

要請団体様より

受け入れ担当者

これまでも青年部は毎年講習会を開いてきました。みんなの能力を、みんなで高めていくことが青年部の役割だと思っています。技術の習得だけでなく、マイスター派遣費用は技能振興センターに負担してもらえるので、私たちにとってプラスが大きいです。今後も定期的にマイスター派遣制度を利用していきたいと考えています。

受講生

実際の作業現場では手仕事を使う場面は少ないですが、こうして講座を受講することで技術も上達しています。回を重ねるごとに制作物も良くなっていますので、これからもぜひ参加していきたいです。

関連情報

  • 要請団体
  • 長野県板金工業組合長野支部青年部
  • 住所:長野市安茂里本上河原8102
  • TEL:026-227-7187
8 造園 団体の事例

県内全体の技術力アップを目指して

国内最大規模の造園業者団体「日本造園組合連合会」の長野県支部は、長野県の造園業界全体にレベルアップしてほしいとの思いから、マイスター派遣制度を活用することにしました。全10回の講習には、長野県支部に所属する5社から13名が参加しました。

-実技指導概要-
日程/10日(合計30時間)
要請団体/日本造園組合連合会長野県支部
内容/造園(石材加工、石積み、植栽工事など)
指導者/牛山和重ものづくりマイスター

講習の模様

庭づくりの技能である造園に求められる、石材加工、敷石 の施工、石積み、板塀などの木工、植栽といった広範な技能を全10回の講習で身につけます。同じ木や石といっても形状も質感もそれぞれです。それらを美しく配置する造園には、正解の方法というものはありません。そのような業界だから、熟練のマイスターの指導はとても貴重な体験です。

マイスターから一言

造園の技術には専門書で学べるものもありますが、その大半は、人と人とが顔を合わせた環境でしか伝えられないのではないでしょうか。そのような指導はこれまではそれぞれの会社の中でしか行われてきませんでしたが、このマイスター派遣事業によって、会社の垣根を超えてできるようになったのはとても有意義なことですね。いろいろな会社から受講生が集まっているので、これまで教わってきたやり方にも違いがあります。ですので、本当に基本的なことからしっかりと教えるようにしています。

牛山和重ものづくりマイスター

要請企業様より

受け入れ担当者

造園業界には個人事業主が多いので、日本造園組合という形で団結しているんです。造園組合では、長野県内の造園の技術者育成を一丸となって支援するために、ものづくりマイスター派遣事業 を活用しています。

受講生

実際に現場に出ていると、自分の知識だけでは乗り切れない事態に直面するものです。実地で役立つ、秘伝といってもいいような技術をマイスターが惜しみなく教えてくださるのは、とてもありがたいことですね。

関連情報

  • 要請団体
  • 一般社団法人日本造園組合連合会長野県支部
  • 住所:〒386-0027上田市常磐城4-4-23YJMビル202
  • TEL:0268-28-5077
  • ものづくりマイスター紹介
  • 牛山和重
  • 事業所名:牛山造園
  • 住所:〒399-0711塩尻市片丘6555-3
  • TEL:0263-53-0213
7 機械加工 企業の事例

NC旋盤を使える社員を養成したい

普段は汎用旋盤を操作している若手社員にNC旋盤が扱えるようになってもらい、業務の幅を広げたいというサンタ軽金属工業様(上田市)からの要請を受け、佐久技術専門校の講師でもある堀内真紀子マイスターが企業の工場を訪れ、全6回のレクチャーを行いました。

-実技指導概要-
日程/6日(合計18時間)
要請企業/サンタ軽金属工業
内容/機械加工(NC旋盤作業指導)
指導者/堀内真紀子ものづくりマイスター

講習の模様

汎用旋盤には慣れているもののNC旋盤は初心者の若手社員8名を対象とした初歩的な講座です。要請企業の工場で実際に業務に使われているNC旋盤機を用いて、座学から具体的な操作法までを、マイスターによる実演などを含めた6回の講習で身につけます。

マイスターから一言

今回は仕事で使える技術の習得が目的なので、現場でのやり方を尊重した教え方を心がけました。その会社のやり方をあらかじめ聞き、それにあわせて教えています。例えばプログラミングにしても、私のルールではなく、会社で実際に使われているルールに沿って教えています。

堀内真紀子ものづくりマイスター

要請企業様より

受け入れ担当者

NC旋盤を使える社員が少ないのですが、社員同士で教え、教わるというのは難しい状況でした。それで講習会などを利用していたのですが、その中でものづくりマイスター制度を知り、今回初めて利用させていただきました。

受講生

とても丁寧にわかりやすく教えていただいているので、とてもためになります。やはり仕事の中ではこういう形で教えてもらうということはありませんから、このような講習があるとうれしいです。

企業情報

6 機械加工 企業の事例

技能五輪を目指してマイスターと猛特訓

技能五輪で自社の技術力をアピールしたい。そんな思いから初めて技能五輪へエントリーするという上松電子様(木曽郡上松町)。技能五輪の旋盤競技で県内最高成績を保持する有賀武彦マイスターが、技能五輪を目指す若手社員を対象に、全20回の講習を行いました。

-実技指導概要-
日程/20日(合計60時間)
要請企業/上松電子
内容/機械加工(普通旋盤作業指導)
指導者/有賀武彦ものづくりマイスター

講習の模様

会社として初めてとなる技能五輪に向けて、出場予定の若手社員をものづくりマイスターがおよそ8か月、全20回にわたり指導します。旋盤競技への出場となりますが、受講生は全員、普段の業務では旋盤を使っていません。工場の一画に用意された技能五輪トレーニング用のスペースで、技能五輪を目指し技能を磨きます。

マイスターから一言

技能五輪でトップクラスの成績を残すレベルですと、その技術は極秘となり社外に出ることはないものです。私もそうでしたが、技術は継承され、受け継がれていくことが大切なのだと思うようになり、ものづくりマイスターとして活動しています。詳細なマニュアルなどを準備して、
若い人に伝わりやすい講習を心がけています。

有賀武彦ものづくりマイスター

要請企業様より

受け入れ担当者

若い社員が自らの技術を研鑽する目標として、技能五輪に初めて参加します。トレーニング用のスペースを確保したほか、できるだけ業務の調整も行い、出場する社員が技術の習得に打ち込める環境づくりにつとめています。

受講生

熱意を持って指導していただけるのでやる気がでます。課題を何度もこなすうちに精度が上がってきているのはうれしいです。

企業情報

5 表装 企業の事例

トップクラスの表装の技術を体験

創業130年以上という老舗の畳店であるマルイ産業様(茅野市)は、畳だけでなくふすまや障子なども手がけており、社員の技術再向上のために表装のトップクラスの技術を学びたいとの要請でした。インストラクター歴30年以上の三上和徳マイスターが、上級者向けの講習を行いました。

-実技指導概要-
日程/20日(合計60時間)
要請企業/マルイ産業
内容/表装(表具作業指導)
指導者/三上和徳ものづくりマイスター

講習の模様

全20回の講習で、ふすま、屏風、4面の屏風などを実際に制作します。今回は両面どちらにも開ける「からくり屏風」を題材に、屏風の原理と制作法をわかりやすく解説。やりがちな失敗やクレーム対策などを視野に入れたノウハウや、長い経験に培われた実戦的な技法などをレクチャーしました。

マイスターから一言

表装は後継者不足に直面している職種です。私は30歳のときから、職人グループの若手会のリーダーとして全国各地で施工技術のインストラクターを務めてきました。後継者を育てていくには、私たちが、技術を伝え、ものづくりの楽しさを伝えていかなければと思っています。

三上和徳ものづくりマイスター

要請企業様より

受け入れ担当者

弊社ではふすま部門の強化を目指していますが、表装の高度な技術を教えていただける機会はなかなかないものです。三上和徳ものづくりマイスターは、私たちの状況にあわせたカリキュラムを考えていただけるので社員の上達も早いです。

受講生

仕事をしながら身についた技術や知識のなかには、間違ったものも多かったのだと気づかされました。普段はしっかりと順序だって教えてもらう機会なんてないので、とても助かっています。

企業情報

4 造 園 団体の事例

「臥龍垣作成講習会」

親柱のない垣根の作り方の技術習得に加え、龍の背がうねっているかのように上下、左右(前後)に変化させてうねりを強調させる技術を学ぶ。

-実技指導概要-
日程/2日(合計6時間)
場所/佐久市民交流広場
受講者/民間企業55名、高校3年生1名
内容/作り方の説明(座学)、垣根の骨組み(下地づくり)、組子設置、玉緑の製作、玉緑の設置から完成まで
指導者/ものづくりマイスター3名、補助者5名

受講者の声

  • 実際に作ってみると内側の構造がわかり、どのように作るのか覚えられてよかった。
  • 高いレベルの技術について指導を受けることができ、成果も残せて達成感があった。
3 仕上げ 企業の事例

「仕上げ基礎訓練講習会」

やすり掛けの基本から応用までを習得し、若手社員の技術向上と作業能力の向上を図る。

-実技指導概要-
日程/10日(合計30時間)
場所/要請企業の工場内
受講者/3名
内容/機械図面の読み方、機械要素、計量機の取扱、やすりの種類と用途大掛け・ロット作成(直角・寸法出し)、大掛け課題製作(台・蓋作成・組立調整)2作目作成、きさげ作業
指導者/ものづくりマイスター1名

企業担当者の声

  • キャリアのあるマイスターのものづくりに対する姿勢や考え方に触れ、受講者が一回り頼もしくなり、与えられた仕事をこなすだけでなく、上のランクに飛躍するきっかけとなった。
2 機械検査 学校の事例

「機械検査・測定入門講座」

測定技術の重要性を理解し、基本的な測定技術をしっかり身につける。

-実技指導概要-
日程/5日(合計15時間)
場所/要請高校の実習室
受講者/7名
内容/測定器の種類、用途、仕組み(座学)、ノギス、マイクロメーター原理と 測定法、ブロックゲージの取り扱い、測定器の誤差測定、シリンダーゲージによる内径測定、ねじの理論、三針法による測定
指導者/ものづくりマイスター1名

受講者の声

  • ものづくりマイスターとは、これほど正確で早い仕事をするのかと驚きました。説明もわかりやすく、学校の先生と観点も異なるので、非常に勉強になりました。
1 機械加工 企業の事例

「普通旋盤作業の基礎からの応用講座」

測定技術の重要性を理解し、基本的な測定技術をしっかり身につける。

-実技指導概要-
日程/20日(合計60時間)
場所/要請企業の工場内
受講者/6名
内容/機械操作の基本、バイトの取付、芯出、四爪チャック、鋼材の端面、外形、段付加工、内径仕上げ溝入れ、ねじ切り、面取り、機械製図指導者/ものづくりマイスター1名

企業担当者の声

  • ものづくりマイスターの非常に熱心なご指導により、受講者は2級合格レベルの技能を身につけることができた。今後の当社のものづくり技能のさらなる向上へと繋がる講座であった。今後もものづくりマイスター制度を活用したい。
中村元保さん
みそ製造 ものづくりマイスター
中村元保さん
林部貢一さん
染色 ものづくりマイスター
林部貢一さん
大峡国昭さん
電子回路接続、電子機器組立て ものづくりマイスター
大峡国昭さん
岡部憲一さん
めっき ものづくりマイスター
岡部憲一さん
池上俊広さん
機械検査 ものづくりマイスター
池上俊広さん
原田泰彦さん
冷凍空調技術 ものづくりマイスター
原田泰彦さん
  • 技能五輪・アビリンピック
  • 技能検定
  • ワザビとは?