僕らが知らなかったものづくりの世界・技美術館 Waza-Museum 長野県職業能力開発協会技能振興センター

ニュース&イベント

ものづくりフェア2018が開催されました

2018.10.29 [Pick Up!, お知らせ]

「ものづくりフェア長野2018」が10月27日に長野県松本技術専門校ふれあい技能センター(松本市)で開催されました。 子供たちにものづくりの楽しさや大切さを体験してもらうために県内の職人や企業、学生が様々なブースを出展しています。 気持ちの良い陽気の中、会場には多くの親子連れで賑わいました。 イベントは開場時点から大盛況。 どのブースもすぐに定員がいっぱいになり、順番を待つ親子の列が出来上がっていました。 会場には「組子細工」「小椅子作り」などの木工から「ガラス細工」「フラワーアレンジメント」「ペンダント作り」などの色鮮やかなものづくり、「畳づくり」「屏風づくり」といった伝統的な体験ブースもあり、バラエティに富んだものづくり体験を楽しむことができました。 複数のブースを回る子供たちも多く、作った作品を抱えながら楽しそうに会場内を駆けて行く姿があちこちで見られました。 大人たちも子供と一緒に

続きを見る

「ロボットプログラミング Nao と遊ぼう」が開催されました

2018.10.22 [Pick Up!, お知らせ]

2018年10月20日、 「諏訪圏工業メッセ 2018」の同時開催企画として 諏訪市文化センターで「ロボットプログラミング Nao と遊ぼう」が開催されました。 「Nao」はソフトバンクロボティクスが開発した人間型ロボットで、 タブレットを使った簡単なプログラミングで、しゃべらせたり、動かしたりすることができます。 IT研修やプログラミング親子研修など、教育、医療、介護の現場などで人気のロボットです。 イベントは1回40分程度で6回開催され、小学校低学年を中心とした親子連れの参加者で毎回盛況となりました。 子供たちはタブレットの画面上にある「しゃべる」「歩く」などのコマンドをドラッグ&ドロップし、 それをつなげていくことで視覚的・直感的にNaoを操作できるとともに、プログラミングの概念を学ぶことができます。 自分の打ち込んだ言葉通りにNaoがしゃべるたびに子供たちは大歓声でした。

続きを見る

「ものづくりフェア長野2018」を開催します!!!

2018.10.15 [Pick Up!, お知らせ]

「ものづくりフェア長野2017」を開催します!!! 日時は平成30年10月27日(土) 会場は、松本市の長野県松本技術専門校ふれあい技能センターとなっています。 詳しくは↓↓↓をご覧ください。 2018monodukuri-fair(PDFファイル) 問い合わせ先:長野県職業能力開発協会技能振興センター ℡026-234-9080 お子さんを連れて、是非遊びに来てください!!!

続きを見る

技能五輪&アビリンピック結団式が行われました

2018.10.12 [技能五輪・技能競技]

青年技能者が全国から集まり、培った技術を競う「第56回技能五輪全国大会」「第38回アビリンピック」に出場する長野県選手団の結団式が、10月11日に長野県庁(長野市)の講堂で行われました。技能五輪選手団は15職種40名、アビリンピック選手団は9種目9名の総勢49名の選手団です。 太田副知事からの激励の後、技能五輪選手団の主将を務める木下選手(株式会社NEXAS)は代表のあいさつで「嬉しいこと、辛いことがある訓練の中で一歩ずつ成長してきた。長野県代表としての誇りと感謝の気持ちを持って精一杯取り組み、長野県のものづくり力のアピールをしてきたい」と語りました。 アビリンピック選手団の横内主将(エプソンミズベ株式会社)は「職場や学校、家族に支えられながらここまで来た。期待に応えられるように精一杯がんばる」と抱負を語りました。

続きを見る

  • 技能五輪・アビリンピック
  • 技能検定
  • ワザビとは?